PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
369 farm cafe
カンソウ、カンセイ!
はいさい。おきなわ みるくふぁーむの隊長、堀之内です

最近の沖縄は、雨が少なくダムの水が60%を切りました
その前まではずっと雨が降っていたのに。

さて先日もらってきた胡椒の実乾燥させて黒コショウに仕上げました
試しに一粒食べてみたら、その瞬間くしゃみが出ました

味は黒コショウの味(当たり前だけど)
隊長は生の胡椒の方が好みかな

胡椒

挿し木したコショウは今のところ変化なし。
上手く発根してくれればいいな

| みるくのスパイス | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
強烈な咳き込み!?
はいさい。おきなわ みるくふぁーむの隊長、堀之内です

今年の沖縄は平年よりも寒くマンゴーの成長も遅れています。

さて、先日とある農家さんから胡椒の苗を頂きました
こしょう

沖縄で胡椒といったらヒハツモドキですが、今回頂いたのは黒コショウの胡椒です。

黒コショウはこの写真の未熟の実ごと乾燥させたものです。 
初めて見た人もいるんじゃないでしょうか

胡椒

ちなみに白胡椒は完熟の実を水に漬けて皮を剝いだものです。
味は黒コショウよりマイルド。
未熟の実を一粒食べてみたのですが強烈な香りと味で咳き込んでしまいました。
(胡椒と言えば、くしゃみを連想しそうですが)

以前から胡椒は育ててみたいと思っていたのですが、なかなか種や苗が手に入りませんでした。
2年前に偶然手に入れることができたこともあったのですが、上手く育たず枯れてしまいました

しかし今回意外と近くで手に入れることができたので、挿し木をしました。
それと、以前ブログにも書いたヒハツモドキは、北風にやられて枯れてしまってます

なので今回は絶対成功させるぞ


| みるくのスパイス | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しい仲間
はいさい。隊長の堀之内です

先日新しい仲間がみるくふぁーむに来ました

セイロンニッケイです。

これだけ聞くとピンと来ないと思いますが、

シナモンと言えば知らない人はいないでしょー

シナモンにもいろんな種類があるらしく

この間までニッキとシナモンは同じものだと思っていましたが

違うみたいですたぶん。

シナモンはスリランカで採れると聞いたことがあるので

多分セイロンニッケイがシナモンパウダーになるんじゃないかと。

ということでセイロンニッケイを購入。
セイロンニッケイ
観賞用として日本ではでまわっているみたいです

そういえば隊長が小さいころニッキの木(肉桂)の根っこをかじっていた記憶があります。

確かにニッキは辛い味がしたような記憶があります。

セイロンニッケイの葉っぱは匂いがあり新芽でハーブティーも作れそうです。
シナモンの葉

あと実がなっていたので、食べてみました。

一応香りはありましたが美味しくはなかったです。
セイロンニッケイの実

自分で育てたコーヒーでカプチーノを作って

自分で作ったシナモンパウダーをかけて飲む

最高の贅沢だとおもいませんか

高い食材を使って美味しいものを食べるのも贅沢ですが

こっちの方が男のロマンを感じます


早く飲んでみたい


| みるくのスパイス | 19:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
味見をしたいのはやまやまですが
ハイサイ。隊長の堀之内です

明日あたりから台風の影響がでてきそうです

なので昨日から台風対策を大忙し 

今回の台風は速度が遅いので台風対策の準備が余裕をもってできました。

しかし速度が遅いということはそれだけ台風の滞在時間も長い。

どっちがいいのやら。

対策はちゃんとしたので後は神頼み

こんなハイテク時代になっても神頼みなんて

やっぱり農業は面白い

それで台風前にジョロキアがたくさんなっていたので収穫

台風7号に被害にあって枯れかけていたジョロキアも復活したので

結構生命力は強そうです。

沖縄の気候にもあっているらしく、そんなに手間もかからずに収穫できてます。

それで今、副隊長と一緒にジョロキアを使って商品開発中です

この間、容器のサンプルを業者に発注して、商品名と大まかなデザインも決めました。

あとは副隊長がどんなデザインに仕上げてくるか楽しみです

が、しかしひとつ大きな問題が。

皆さんもご存じのとおりジョロキアは辛さ世界一。

その辛さハバネロの2倍。

インドでは畑を荒らす野生の象を撃退するために使われたりするそうです。

そんなやばいもので作った商品の味見をできるのか

無理でもやらなきゃいけませんね。

覚悟します

ジョロキア

| みるくのスパイス | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホントに危険!!
はいさい。隊長の堀之内です

今日は[えひめA2]を作って(以前の記事に詳しく書いてます→作り方や効用)、ジョロキアがいっぱい採れたので種を取る作業をしました。

えひめA-2
えひめA2
いつものように手袋をして種とり作業をしていたのですが

途中からジョロキアの辛い匂いにやられて鼻水や咳が出るようになってきました

いつもは少量だったのでこんなことにはならなかったのですが今回はこんなに採れたので大変でした。
ジョロキア

途中で作業を中断できないので鼻水を垂らし咳をしながら作業を続行

そのあとジョロキアのエキスが腕に飛んで半端ない痛さに

後半の作業は早く終わらせたいあまりかなり実に種が残ってしましました

ジョロキアの種
ホントにデンジャラスなジョロキア

さすが世界一は半端じゃない。

次回はマスクにメガネに長袖の完全装備で挑戦するぞ

| みるくのスパイス | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
作ってみました。
はいさい。おきなわ みるくふぁーむの隊長、堀之内です

悪魔の実(!?)「ブート・ジョロキア」が赤く色づいてきたので収穫しました
ジョロキア

手袋をはめて中のを取り出しました。

ジョロキア

ジョロキアの種は意外に少なくたったの6個。

増やすのには時間がかかりそうです

前回はペペロンチーノを作ったので、今回はブートジョロキア泡盛漬けにしてみました。

ジョロキア瓶詰め

手袋をして作業してたにもかかわらず、口の周りがヒリヒリしています

知らないうちに手についていたみたいで、

その手で口の周りを触ったみたいです

おそるべし
| みるくのスパイス | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
予想外!!ヒハツモドキ☆ドキ
はいさい。おきなわ みるくふぁ〜むの隊長、堀之内です

今日たまたま気づいたんですが、ジャワナガコショウ(ヒハツモドキ)がなっていました

まだ3ミリくらいの小さい実です。(生物学的には花になるんでしょうか)

ヒハツモドキ
本体はまだ小さいので実がなるのはまだまだ先だと思っていましたが、たぶん挿し木なので実がなったんでしょう

挿し木とは簡単に言うと、植物の一部を切り取って土に植えてたら根が出てきてクローンができること。
実をつけるまで何年かかかるものも、クローンなので小さくても実をつける場合もある。
初めて知った時はすごい感動でした


根もとからも他の芽が出てきていて増える気まんまんです

頑張って大きくなって欲しいです

| みるくのスパイス | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
初代ジョロキア。
はいさい。おきなわ みるくふぁ〜む隊長の堀之内です

昨年5月に初めて蒔いたジョロキアの種がだいぶ成長しました

ポットに植えているので、そんなに大きくはなってないですが、

茎が木質化してきています
ジョロキア
畑に植えれば、3年くらいは実が採れるらしいです


これがジョロキアの花。真中に紫ががった部分があります。
とてもかわいらしい花。
ジョロキアの花
この花からはあの地獄のような辛さは想像できません


これが。今回回目の実ができてきました。
ジョロキアの実
以上の写真のジョロキアは初めて20個くらい蒔いて唯一生き残った一本です。

今後増殖していく予定です。

そしてたくさんとれるようになったら販売する予定です。

皆さん楽しみにしててください


| みるくのスパイス | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
でっかくなっちゃった!!
はいさい。おきなわ みるくふぁ〜むの隊長、堀之内です

昨日、作業中に「ヌカ蚊」か「ぶよ」のどちらかに顔とお尻の上を刺されて

りんぱ腺が腫れています

アレルギーを持っている人は歩くのも困難になることがあるそうです(おそろしい・・・)

いつも、「血は吸わせるから痒くしないでくれ」と思ってしまいます

さて、9月に播種した「ジョロキア」がやっとこのくらいまで成長しました

ジョロキア

もっと大きくなったら、植える場所がないので不織布でできた大きめのポットで栽培しようと考えています

こっちは2月に播種したまだ発芽したばかりの「ジョロキア」
ジョロキア
気温も上がってきたので発芽も前回より早いです



あと「ヒハツもどき」肥料をあげ過ぎたみたいで葉っぱがかなり

でかくなってしまいました これ▼

ヒハツもどき

肥料をあげ過ぎると虫に食べられたり、病気にかかりやすくなるので

気をつけないといけませんね。

なんでもほどほどにね

| みるくのスパイス | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ま・ぎ・ら・わ・しぃ〜。
はいさい。おきなわ みるくふぁ〜むの隊長、堀之内です 

今日は沖縄で採れる「コショウ」の話。

先日、沖縄のコショウ「ヒハツ」の苗を購入


沖縄でコショウと言えば「ヒハツ」。そのほかの呼び名もいっぱいあって
ヒハツ、ヒハチ、フィファチ、ピーヤシ、ピパーズ など色々

和名は「ヒハツモドキ」 と言います。
隊長の中ではヒハツもヒハツモドキも一緒たど思っていました。

が、しか〜しこれは違うものだと判明

沖縄方言でヒハツと言えば和名のヒハツモドキのことで、英名を訳した和名が「ジャワナガコショウ」

ですが、和名でヒハツと言えば「インドナガコショウ」のこと

分かりますかな

写真で葉っぱの形を比べたら若干違うのが分かります。

インドナガコショウ(ヒハツ) ジャワナガコショウ(ヒハツモドキ)
ジャワナガコショウの葉の方がインドナガコショウより細長いみたいです。
ヒハツ

中国で取れるヒハツ「インドナガコショウ」はピパーと呼ばれ、
それが英語のペッパーの語源になったという説もあるそうです。

かつてコショウと言えばこの「インドナガコショウ」をさしたそうですが、
時代とともに丸い粒のコショウが主流となり、

丸い粒の方がペッパーと呼ばれるようになったみたいです

ためになったね〜。ためになったよ〜


| みるくのスパイス | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>