PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
369 farm cafe
<< 携帯からもアクセス★ | main | ぶっ壊せー!? >>
目には目を!草には草を!?
 はいさいみるくふぁ〜むの隊長、堀之内です

今日の作業は、昨日届いた「ナギナタガヤ」を播種しました
ナギナタガヤとは、秋に芽を出して冬から春にかけて育つイネ科の草です。
ナギナタガヤ

草丈は最大70cmほどになりますが、6月上旬(沖縄ではもう少し早いかも)に自然に倒れ、中旬には枯れはじめます。倒れて敷きワラ状態になったナギナタガヤは地表を覆い、太陽からの光を遮るので、あとから雑草が生えないようになります

草を草で制すって訳です

しかし、ナギナタガヤのいいとこはこれだけじゃありまへん
他にも、表層土壌の浸食防止、ナギナタガヤがマルチになるので干ばつに強い果樹園になる.
草の根による
土壌物理性の改善、腐植源としての有機物の補給 などなど、いいことばっかり

あえてデメリットを言うなら、倒伏した後滑りやすくなるみたいです。

そんな種を蒔いたのですが、ナギナタガヤの種は小さく、蒔きにくいので菜種粕と混ぜて量を増し、蒔きやすくしました。それがこれです
まぜて

ひとつ心配なのが、沖縄では上手く倒伏しないと耳にしたことが(気温の関係かな?)
が、しかし実験を兼ねてやってみたいと思います

| - | 20:41 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
どうも、くわっぱです。
最近は豊穣の雨がたっぷりですね。

実は・・・
バックホウでの伐開後の赤土の露出が気になっていたのですが、ナギナタガヤですか。
うまくいくといいですね。
| くわっぱ | 2009/10/18 11:25 PM |
大宜味村の平南川流域の赤土流出はかなり深刻です。

大雨が降ると海が真っ赤になります。

畑をやることで環境を悪くすることは避けたいですね。

環境に配慮した持続可能な農業!

頑張ります!
| 隊長 | 2009/10/19 8:02 AM |
はじめまして。
南部で新規就農1年目、葛西です。
マンゴーで独立しました。
ハウス内での有機物自給を考えて刈り草敷き+放し飼いの鶏+自給堆厩肥、を実験しています。

ブログ見て、メールしました。

たまたま、何かいいものないかな??と探していたところ、
有りました。 ナギナタガヤ。
しかも、沖縄ですでに実験されている人達がいたので、ぜひ、教えてください。。

自分も、ナギナタガヤ使ってみたいのですが、その後、いかがですか?

ちゃんと枯れて、こぼれ種で発芽、また枯れてというふうになるんでしょうか?

できるならば、今年の冬に実験してみたいです。
よろしくおねがいします。

| 葛西 圭 | 2013/06/29 10:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.369farm.com/trackback/797517
トラックバック