PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
369 farm cafe
<< 気がつけば、長月 | main | はっはっ刃。 >>
さぼっていたわけではありません・・・
はいさい。おきなわ みるくふぁーむの隊長、堀之内です

おっじご、さひかぶいのブログ更新です(宮崎弁でとっても久しぶりの意味)
マンゴーの収穫&出荷は8月末までだったんですが、そのあとの剪定作業、肥料施肥と全然休めない日々を送っていました。ようやく目途がついた感じです。

8月は忙しかったのでブログも見ていませんでしたが、コメントが数件きてました。
しかもそのうち2件は分からなかったことに対してのコメントでしたので大変申し訳なく思っております


一つ目のコメントは、隊長が持っている昭和レトロなかき氷機についてのコメントでした。
このかき氷機を作った会社の人からでした。

以下コメント
■螳工舎製作所:営業管理部・企画課・・・橋場と申します。「白鶴」弊社の製品です。「USIKUBOSIKI」は弊社社長名・牛窪です。ご質問の「HUK」はH・・・ヘイサク。K・・・ケイゾウ。U・・・牛窪。を意味しており、牛窪親族の合作ブランドになります。ヘイサク=現・愛工舎製作所の初代社長で、現在では製菓・製パン用ミキサー、機器の製造メーカーとして63年目をむかえております。先日もTV番組「空から日本を見てみよう」に出ました。ご存知、三軒茶屋・石橋さんと同じモデルですと、昭和23年前後の製造と思われます。また、塗装色は石橋さんの物は、完璧に近いオリジナル色です。これより古い物ですと「ヨット」ブランド、新しい物ですと「AIKOSHASEI」・「白雪」です。
弊社地域は川口市を中心とする、鋳物産業が盛んでした。初代社長もそんな環境の中戦前・戦後を通して、氷雪機〜ミキサーと事業展開をしてきたのです。・・・今後とも大切にお使いください。また何かありましたら、お調べしてご連絡させていただきますので、宜しくお願いいたします。



かなりの感動と興奮でした
まず。「USIKUBOSIKI」の名前の謎が解けました。
なんと社長の名前だったんですね。
愛工舎製作所といったらお菓子やパン業界ではかなり有名な会社です。
しかも製造されたのが昭和23年前後というではないですか
隊長の親と近い年齢です。

そんな昔に作られたかき氷機がこんなにいい状態で残っていたのは奇跡に近いんじゃないかと思います。反対された副隊長に頼みこんで買って本当に良かった


あと、かき氷機の横に「HUK」とあるのはH・・・ヘイサク。U・・・牛窪。K・・・ケイゾウ。だったなんて
ということでこのかき氷機は今日からヘイサクのヘイとケイゾウのゾウをとって「ヘイゾウさん」にします
これから大事に使って子供の代まで残していけたらいいな。


しかし、一つ問題があって、刃だけは消耗品なので誰かに作ってもらわないといけません。
沖縄だと鍛冶屋になるのかな
探してみます。



もうひとつのコメントは以前購入した変な形のレモンについてです。
renさん情報提供ありがとうございました。
さっそくネットで調べたところまさにこれです。

「弓削瓢柑」という品種みたいですね。
台湾から導入されたとあるので間違いないと思います。

瀬戸内海の瀬戸田でわずかに栽培されている貴重なものみたいです。
でもこれはレモンではなく八朔とかに近い気がします。
ちょっとだまされた感はありますが貴重なものなので大事に育てていきます。

それではまた〜


| かき氷 | 22:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
忙しそうで何より!まぁ体壊さないように頑張って!沖縄で会えるのを楽しみにしていますよ(^_-)
| つる | 2011/09/09 6:07 PM |
ほどほどにがんばります!
沖縄楽しみですね。
| 隊長 | 2011/09/12 9:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.369farm.com/trackback/797720
トラックバック